ボランタリーチェーン(VC)とは?

VCとFCの相違

ボランタリー・チェーン(以下、VC)の場合、特にフランチャイズ・チェーン(以下、FC)との区別がはっきりわかっていない場合があるので、VCとFCの本質的な違いを明らかにしておきます。

VCとFCの相違表

VCとFCの共通点

  1. 本部の強力な指導によるチェーンオペレーションの展開
    • VCもFCもチェーンオペレーションを展開する点および営利組織であるということは同じです。
      いずれもチェーンオペレーションを展開するので、本部に戦略立案・管理機能が集中化されており、各々の加盟店は、本部の強力な指導のもとに置かれています。
  2. 加盟店の資本独立
    • VCもFCと同様に、資本的に独立した多くの小売店によって組織が形成されています。

VCとFCの相違点

  1. 構成の仕組み
  2. VC
    加盟店が自発的な意志に基づいて組織を結成あるいは加盟したものです。
    本部は、加盟店によって結成されたものなので、加盟店は、本部利益からの戦略的投資という利益の還元を受けることができます。
    VCの仕組み
    FC
    本部が別個の企業であり、加盟店とのつながり方は、本部と加盟店が一対一の契約で成立しています。*
    加盟店が本部の結成主体でないために、契約パッケージの範囲内での利益が受けられるのみです。
    *FCは、まず本部会社が、「私が本部事業者になります」と言明して事業内容のパッケージを開発し、加盟店を勧誘し、「その内容で良い」と判断した小売店や新規開店者が、本部会社と一対一の契約をするものです。
    FCの仕組み
  3. 横のつながり
  4. VC
    加盟店の自発的な組織ですので、加盟店同士の横のつながりがあります。
    FC
    本部と一対一の契約ですので、加盟店同士での横のつながりは一切ありません。

このページのTOPへ