ボランタリーチェーン(VC)とは?

ボランタリーチェーンってなんだろう?

独立小売店が同じ目的を持った仲間達と組織化し、チェーンオペレーションを展開している団体をいいます。

ボランタリーチェーン(VC)には、フランチャイズチェーン(FC)と同様に加盟店を指導するチェーン本部が存在しますが、加盟店が主体となっているため、加盟店同士の横のつながりがある(相互助成が可能である)のが特徴です。

VCとFCの違い

VCの利点

独立小売店単独で行わなければならなかった、仕入れや設備投資などを共同で行えるため、コスト削減が大きなメリットとなります。

また、加盟店が主体となって本部を結成しているため、各加盟店からの情報を活用することにより、店舗が努力すれば近隣する地域消費者のニーズへの対応が売場へ反映されることが可能となります。

VCは、地域の消費者に支持される「適正な価格」や「要望に対応した品揃え」の継続的な提示により、地域に密着した中小独立小売店の「近隣性」という利点を生かすことができるのです。

このページのTOPへ